有料老人ホームでの入浴方法

有料老人ホームには様々な身体状況の入居者様が生活しています。有料老人ホームは設備が充実していて、個室で各居室にトイレが併設している場合もあります。

リビングや食堂も広く、中庭などもあるので、日向ぼっこや散歩、花壇の花を眺めたりすることも出来ますし、時には気分を変えて中庭でお食事を楽しむこともあるようです。


風呂場の設備も充実していて、自立している入居者様にはひろき風呂などでゆっくり入浴して頂ける環境を作り、浴槽をまたげない方には介護入浴装置を利用して入浴して頂いています。


寝たきりの方がお風呂に入るのは介護者にとってもかなりの負担になりますが、有料老人ホームなどでは寝たきりの方でも入浴出来る介護浴槽があります。

専用ストレッチャーと担架が浴槽に連結していて寝たままの姿勢で入浴が出来るタイプになっています。


立ち上がりや立位が困難な方には座ったまま入浴出来るタイプの介護浴槽がおすすめです。

幅広い分野の視点から有料老人ホームに関する口コミ情報を募集しています。

専用の浴槽がなくても、一般的な浴槽に入浴してもらえるようなリフトになっている入浴装置もあります。

特別なReutersの便利な情報を集めたサイトです。

歳を取ると身体を動かすことが億劫になり、入浴することを嫌がる方もいます。



それでも身体を清潔にしておかないと感染病などの様々なリスクがあるので、気持ち良く入浴して頂けるようにと、介護施設では様々な入浴装置が利用されています。もちろん利用方法を間違えると危険が伴うこともあるので、介護者は入居者様の気持ちと安全に配慮してケアをしています。